アメリカで暮らす、働く、育てる

アメリカ企業で働く一児の母。アメリカ生活、共働き、子育て、マイホーム購入、、その他日々感じることを書いています。

ホームシックとマタニティブルー。

日本では切迫早産で入院していた私でしたが、なんとか渡米の許可がおり、その3ヶ月後である2014年3月に女の子を出産しました。

渡米後、妊娠期間中は比較的のんきなもので、慣れない&友だちがいないながらも運転の練習をしたり、新生活の立ち上げに(電気ガス水道ネットテレビなどを、仕事がある夫に代わって)あたふたしたり、通院、家探し、引っ越し‥と忙しく過ごすうちに出産をむかえたのでした。

 

f:id:notefromus:20160609035154j:plain

 

出産直後は、あまりに忙しく、ブルーになっているヒマもなかったような気がします。アメリカでは、普通分娩の場合48時間以内に退院するのが通常です。私の場合、夜9時に出産し、翌日は丸一日病院のベッドで授乳、出生・ソーシャルセキュリティー関係の書類作成、次々に来るカウンセラーや小児科医の対応などに追われ、その次の日の昼過ぎには退院でした。日本のように、赤ちゃんを預かってくれるということもなく、母体はまったく回復していませんが当然のように部屋に置いていかれます。泣きまくるので寝られません。出産直後の夜中、疲れたから一旦帰って家のベッドで寝たいと言った夫に、人でなし‥と思ったことが忘れられません。(結局病室のソファベッドに泊まりました。あたりまえでしょ‥だれも助けてくれる人いないのに‥帰るなら赤ちゃんも連れてってくれ)

 

 

 

退院後はタイミングよく義母が手伝いに来てくれたので、料理、洗濯、掃除と、すべての家事をやってもらいました。これは今でも本当に感謝しています。不安だらけの私の話をたくさん聞いてくれ、励ましてくれました。よく、義理の親に来られても正直迷惑という話も聞きますが、私は本当に助けられました。

 

ですがこの頃から、少しずつマタニティブルーになってたのかもしれません、今振り返ると。

 

 

まず、授乳がとにかくうまくいきませんでした。母乳は出ていたけれど、なれない授乳で乳首が切れたりとにかく激痛で、無痛分娩だった私は出産よりも、授乳トラブルがつらかった。あまりに痛くてミルクを足したりしていましたが、今後母乳育児をしていくという自信は一気になくなり、こんなにつらいならやめようと、小児科の先生にもそう伝えました。こちらの先生も母乳育児を応援する姿勢ではあったものの、もしあなたがやめたいと思うなら、その決断は尊重するから相談してねと、そういう雰囲気でした。

かといって、やめようとして授乳をとめると、今度は胸がありえないほど張って固くなり、熱を持ち始めます。これがまた、寝られないほど痛い。かといって赤ちゃんに飲ませるのも激痛。こんなに授乳がつらいなんて、誰も教えてくれなかった‥ママたちはみんなこんな大変なことを乗り越えていたのか‥と全ママ友だち、全世界のママたちを尊敬しました。

 

そして、授乳とはまた別問題で、寝ない我が子。毎日常に眠たくて、「赤ちゃん いつから長く寝る」とか、そんなことをたくさんググってました。(3歳になるまで、ママは普通に寝られると思わない方がいいとか絶望的なコメントもありました‥実際そんなことなかったけど)

 

 

そんな怒涛の毎日の中で、ふと、とにかくすべてが不安で孤独で絶望的に思える日々が続きました。

「おかあさんが帰ったら、昼間この子とふたりきりで、この先どうしたらいいんだろう」

「日本にいれば、家族も近くにいて会いに来てくれる友だちもたくさんいるのに、どうして私はこんなところにいるんだろう」

 

かわいいかわいい娘がうまれて、幸せ絶頂なはずなのに、それよりも不安、孤独、つらい、の方が大きくて、気づくと涙が出ているという状態でした。

(今夫にそう言うと、そこまでひどかったと思ってなかったとのこと。なるべく見せないようにしてたのは事実。夫に、娘をかわいいと思ってほしい、‘つらい’の原因が娘をうんだせいだと思われたくないと、当時はそんなことを思ってたような気がします。たぶん夫には理解不能)

 

2週間後お義母さんが帰国し、入れ替わりで実の母が手伝いにきてくれました。

本当にうれしくてうれしくてたまらなかったのですが、来る前から、母が帰ってしまうことを想像して泣いてしまうくらいにはひどい精神状態でした。

 

それでも、久しぶりに会えた母との2週間は本当に楽しかったです。

「孫は本当にかわいい。でもそれは、かわいい娘の子だからかわいいのよ、今はあなたのことが一番心配」と常に私の精神状態を心配してくれていました。心配されるくらい、泣いていたと思います。

 

誤解を恐れずに言うと、産後しばらくは、初めて会った実の娘より、30年近く一緒に暮らしてきた母との絆の方が私にとっては強く、頼もしく、逃げ出して母のところへ行きたいと思った瞬間さえありました。もちろん、我が子は本当にかわいくて、そして私が守らなくちゃいけないという強い気持ちはありました。でもそれ以上に、私の気持ちがとても弱っていたのでした。

 

もちろん、夫は全力で私をサポートしてくれていました。実の母の帰国後も、産後6週経つまでは、私の分の食事もすべて作ってくれました。

母が帰ることが悲しくて泣いていた時も、「お母さんは日本に帰ったらひとりだけど、こっちはおれと○○(娘)がいるんだよ。泣く必要ないんだよ」と言ってくれた記憶があります。

それでも、当然日中ずっと一緒にいてもらうわけにもいかず、ブルーな日々はしばらく続きました。

 

 

 

その後友だちも増えて、こちらの生活や育児も楽しくなり、涙が出る日は減っていきました。

産後の友だちがいると、自分自身の経験から、誰もがこのくらいつらい思いをしていると思ってしまうのですが、人によってはもっと明るく楽しく産後ライフを過ごしていて、あのときの私は、マタニティーブルーとホームシックが両方一気にきていたんだなと今では思います。

 

家族のいないアメリカで出産すると決めたとき、ホームシックになることは想像しても、こんなマタニティーブルーに陥るとは想像できませんでした。あの、自分の感情をコントロールできない感覚は、女性なら多かれ少なかれ誰もが経験したことあるかもしれないけれど、やはり人生最大のout of controlでした。

もちろん海外にいなくても、産後の不安定な精神状態に苦しむ女性はたくさんいるわけで、(ということを、自分が出産して初めて理解しました)夫や親のサポートを得られた私は、むしろ恵まれていたんだろうなと思えます。

 

 

今でも、ふと日本にいる家族や友だち、情景や季節を思い出して、懐かしい切ない気持ちになることはあります。

それでも、2年半の歳月と娘の存在は、私を強くしてくれました。慣れ親しんだ場所ではないけれど、大切な家族と生きていくという覚悟ができたような気がします。

 

 

 

応援クリック、ありがとうございます!


ワーキングマザー ブログランキングへ


にほんブログ村