読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカで暮らす、働く、育てる

アメリカ企業で働く一児の母。アメリカ生活、共働き、子育て、マイホーム購入、、その他日々感じることを書いています。

1人で十分と思いつつ、2人目妊娠をうらやましく思った話。

アメリカ生活 子育て かぞく

アメリカで仲良くしている友だちが2人目を妊娠したことを知りました。1人目の子どもは我が家の娘より半年下ですが彼女は私よりも年上で、年齢のこともあるから早めに2人目が欲しいと話していたのでとっても嬉しい気持ちになりました。

 

と同時に、「いいなぁ~!」というのが率直な感想でした。

いいなぁというのは、彼女と旦那さんが純粋に2人目を授かることを望んで、その結果妊娠したということに対してです。

 

 

私の今の状況はというと、正直いま2人目は考えていません。

いずれ気持ちは変わるかもしれませんが、以前書いたように、少し手がかからなくなってきた娘との生活、私にも多少自由な時間がある今の状態が心地良く(というかこれでいっぱいいっぱい)、どう考えてもさらに精神的にも体力的にもきつくなるであろうことを考えると、今は心から「2人目がほしい!」とは思えないというのが正直なところです。 

 

notefromus.hatenablog.com

 

notefromus.hatenablog.com

 

このトピック、何回書いてるんだって話ですね。^^;

 

 

2人目3人目をうんでいる友人を見ると、家族が多いって幸せそうで素敵だな~と強く思うのですが、

 f:id:notefromus:20161007090334j:plain

(もうこんな写真最高ですね~~ )

 

一方でリアルな自分の生活を想像すると「これ以上自分たちに使える時間が減ると、私も夫も無理そうだ」と思ってしまいます。

 

 

先日書いた通り、家事育児をできる限り私にやってほしい夫(しかも超多趣味で常にやりたいことをたくさん抱えている)と

仕事をしつつ、できれば家事育児も分担しながらやっていきたいと考える私。

 

notefromus.hatenablog.com

 

これ以上負担が増えた場合、夫にそれを受け容れるキャパはないような気がすると共に、

そうなったら私がやるとは思うけれどそれに強いストレスを感じてしまいそうな私‥。良い夫婦関係を保つためにも今の方が良さそうに思えます。

 

 

私がこんな話をすると、上がもう少しお姉ちゃんになってイヤイヤもなくなったら欲しくなるかもね、と言われるし確かに私もそんな気がします。やはり小さい赤ちゃんを見るとかわいいです。

 

でもたとえ本能的(?)に「もう1人!」と思うときがきたとしても、そのときの私たち夫婦にその余裕があるかは分かりません。時間が経てば経つほど、今からまたか‥と思ってしまう気もします。

 

余裕があって2人目うむ人なんて多くないだろうし、大変だけどそれでもかわいいからなんとかやってる~というのが現状なんだとは思います。

私も、万が一妊娠が発覚したらうみます。そしてなんとかかんとかやっていくんだと思います。

 

 

あーでも、もっかい妊娠、出産、産後の大変な時期をやり直すって想像するとほんときついです。

つわりも入院するほどひどかったし、そもそも家に大人ひとりでいて育児に専念するということ自体が正直性に合っていなかった。

 

先月の一時帰国でも、やはり子どもひとりの方が頻繁に身軽に日本帰国ができていいな~と思った私。

また赤ちゃんが増えたら帰国もさらにしんどい‥ましてや夫抜きで私だけが2人連れて帰るとかしばらくは無理だよなぁと思いました。

しょうもない理由のようですが私にとってはけっこう重大な問題です。なにせ直行便がなく15,6時間はかかるフライトなので子連れ帰国はかなり消耗します。(お金もかかります)

 

 

 

そのようにことあるごとにぐるぐる考えては「ムリそうだわ、、」と考えている私にとって、夫婦お互いが素直に2人目を望んでいる、というその状態がとーってもうらやましく思えたのです。

 

こんな風に考えているということ自体、どこかで2人目への未練があるということだと自覚しているので

単純に「もう1人ほしい!」とすべてに目をつむって理屈抜きに思えたらすっきりするのになぁ~。

 

親にも夫にも誰にも2人目プレッシャーかけられていないのに、相変わらずひとりでもやもやする私でした。

 

 

 

応援クリック、ありがとうございます!


ワーキングマザー ブログランキングへ


にほんブログ村