読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカで暮らす、働く、育てる

アメリカ企業で働く一児の母。アメリカ生活、共働き、子育て、マイホーム購入、、その他日々感じることを書いています。

共働き夫婦の家計簿、貯金。

現在マイホーム建設中の我が家。
頭金は貯まっていますが、賃貸アパートから一戸建てに引っ越すこともありいろいろと物入りなので、粛々と貯金中です。

 

f:id:notefromus:20161013050245j:plain

 

貯金のシステム
我が家の貯金方法はいたってシンプル。夫の給料で生活費すべてをまかない、私の給料をすべて貯金という方式です。
家賃も光熱費もカードの引き落としもすべて夫の口座です。夫の口座にはいつも平均して1,000~2,000ドルしか入っていない一方、私の口座にはお金がどんどんたまる仕組みです^^(もちろん2人の資産であり家の頭金にあてますが)

 

ちなみにアメリカにいると全くと言っていいほど現金を使いません。

気づくと数か月間ずっとお財布の中の現金は数ドル(数百円)だった、なんてこともよくあります。なので支払い系をすべて夫の口座にまとめてしまえばシンプルです。

 

家計管理術
継続的な家計簿はつけていないのですが、今年初めに、「私たちそんなに贅沢してないはずなのに、なんで夫氏の給料がほぼとんでしまうのか?」という話になり、家計を総点検してみることにしました。


前述のとおり現金支出はほぼゼロなので、各クレジットカードの明細をすべてエクセルにエクスポートし、そこに銀行から直接引き落としされる支出を加え、カテゴリ別にピボットを作成しました。

 

カテゴリはこんな感じです。

f:id:notefromus:20161013051314p:plain

 

固定費、発生不可避の費用
Rent (賃料)
Electricity (電気代)
Gas (ガス代)
Daycare (保育園)
Gas-2 (ガソリン)
Internet, TV (ネット、Netflix)
Mobile Phone (携帯)
Insurance, Car related (保険、車関係費用)
Doctor (病院、薬代)

 

変動費、節約可能な費用
Grocery (食料、消耗品など)
Costco (コスコの買い物)
Dine out, Lunch (外食、ランチ)
Starbucks, Cafe (スタバ、カフェ代)
Clothes, Shoes (被服費)
Travel (旅行関係)
Magazine (雑誌購読料)
Late Fee (銀行やカードの手数料、ペナルティ)
Salon (美容院など)
Hobby (趣味のレッスン代)
Others (その他)


'Grocery'としてスーパーの買い物をすべてまとめている一方、コスコやスタバで使ったお金を切り出すなどバラついているようにも思えますが、わざとです。


コスコは、行くとつい使いすぎてしまうので(大抵ワインやビールが原因)どのくらい使っているのか把握したかったのと、スタバ代も1回でいうとそんなにかからないけど、まとめるとどのくらい使っているのか見たかったので切り出しました。
手数料関係も、夫の管理が甘く何度か無駄な手数料を取られていたことがあったので(しかも1回に数十ドルと高額)警告するために切り出しました。

 

家計総点検のfindings

  • 大しておいしくないのに外食やランチにお金かけすぎ(300~500ドル)→外食するならおいしいと納得できるところのみ、ランチは基本お弁当持って行く
  • 無駄にスタバ行き過ぎ(2人で月に40~60ドル使ってた)→会社にスタバのコーヒーが無料であるのでコーヒーは会社で飲む。長距離ドライブなどの時はおいしい飲みもの欲しいからスタバ行く、などメリハリをつける。
  • 服はあまり買ってない(半年以上夏服のみでいける気候のため)→今後も無駄買いしない。
  • 無駄な手数料払ってる→払わなくていい手数料払わないように管理を徹底。
  • 趣味代高い→本当にやりたいことだけにしぼる。

このような話し合いがなされました。
私のいいようにカテゴリ分けしたので、夫に気をつけてほしいものは切り出した一方、個人的に削りたくないもの(マツエク代とか)はOthersに紛れ込ませました。笑

 

家計見直し後の我が家
その後、お弁当を開始した月のレビューをすると、なんと外食・ランチ代が100ドル以下におさまっていました!スタバ代ももちろん減りました。
高めのレストランに行かなかったこと、たまたま飲みがなかったことも大きいですが、家計の状況を理解し意識したことで、一気に節約できました。
それまでがずさんすぎたとも言えます。。

 


この方法は現金支出が多いと向かないし、カード明細の単位でしか集計できないので、スーパーで何を買ったか等の細かいカテゴリ分けはできませんが、気をつけるべきポイントが浮かび上がってくるのでおすすめです。

多少節約できているのか、夫の口座がすっからかんになることはなくなってきた気がします。(結局ちゃんと管理できてない)


アメリカに来たばかりの頃はドル建ての現金が少なく、しかも渡米直後に出産したため、まさに自転車操業という感じの家計でしたが、3年弱経って家が買えるくらいに落ち着いてきました。そう考えると感慨深いです。

 

 

家が完成してローンの支払いが始まるとまた状況が変わるので、そのタイミングでまた家計の見直し会議をするつもりです。(ほんとは毎月レビューしたいんだけどなかなかできてません。)
毎日ちょこちょこ家計簿‥なんてことは間違ってもできない私の、家計管理?術でした。

 

 

その後の家計簿記録: 

notefromus.hatenablog.com

notefromus.hatenablog.com

notefromus.hatenablog.com

 

 

 

応援クリック、ありがとうございます!


ワーキングマザー ブログランキングへ


にほんブログ村