アメリカで暮らす、働く、育てる

アメリカ企業で働く一児の母。アメリカ生活、共働き、子育て、マイホーム購入、、その他日々感じることを書いています。

アメリカでプールを作る、プール付きの家に住む。

2016年末にアメリカで家を建てた我が家でしたが、長らくバックヤードはそのままになっていました。

notefromus.hatenablog.com

 

こちらで新築の家を建てると、モデルハウスであったようなケースを除き、バックヤードはdirt(手つかずの土)の状態で引渡しされます。その時点でバックヤードの予算がなかった私たちは、1年弱土を眺めて過ごしていたわけです。。

 

最近やっと予算がたまったので、9月に入ってバックヤードの工事に着手しました。夏がとにかく暑くて長いエリアに住んでいるので、プールのある家は珍しくありません。アパートなどの共同住宅であればプールがついている方が普通です。

というわけで、一からデザインしたプールが11月末には完成予定です。

 

今回は簡単にその流れを書いてみます。

 

まずは業者探し。プールがあちこちにあるエリアなので、バックヤードのLandscapeやプールを作ってくれる業者はいくつもあります。

街中でちょこちょこ見かけていた会社のHPやInstagramを除いてみると、すてきなデザインが多くあり気に入ったので、そちらに出向いてみました。プールのデザイナーさんが常駐していて、家とバックヤードの見取り図を渡すと、私たちの希望を聞きながら、3Dのデザイン画をその場で作ってくれます。この時は細かい予算のことを考えていないので、本当に楽しい夢のような時間‥。

 

ここにジャグジー、水音が聞こえるようにここには小さな滝‥なんてやってるうちに、出てきた見積りはなんと$60K(113円換算で680万円ほど‥)超え。

当初予算を$40K~45Kと考えていた私たちはびっくり。デザインは最高にすてきだったんですが、この業者高くない‥?となりひとまず出直すことに。

 

さらにリサーチを重ね、評判もデザインもなかなか良さそうなもう1件の業者へ。

同じようなデザインで作ってもらったところ、やはり$60K近く、1件目の業者が高すぎるわけではないと理解する私たち。

とはいえ$60Kは高い。せめて$50Kを目標にしたいと思い、2件目の業者で細かなCost reductionを重ね、結果的にはLandscapeも含めて$55Kに落ち着きました。(それでも日本円にしたら620万円‥高。)

私以上に強いこだわりをもつ夫が、最終的にはデザインもほぼ一から提案し、プールの周りに植える植物なども細かく決めました。

 

こんなイメージ。*この後若干手直しを加えたので植物はちょっと変わる予定。 

f:id:notefromus:20171109082012j:plain

 

f:id:notefromus:20171109082129j:plain

 

契約を終えるとまずはデポジットで1000ドルを支払い、業者が実際に計測に訪れ、市からプール建設の許可を取ります。

その後着工。まずは地面に線が引かれました。

 

f:id:notefromus:20171109082209j:plain

 

そして掘る。 (娘写ってる‥けどまぁいいか)

f:id:notefromus:20171109082400j:plain

 

そしてコンクリートが入り、 

f:id:notefromus:20171109082326j:plain

周りのタイルが貼られ始めました。

 

f:id:notefromus:20171109082513j:plain

 

f:id:notefromus:20171109082541j:plain

 

 

‥と、実はまだこの段階です。デポジットを払って市の許可が下りるまでが約3週間、掘り始めてから完成までは約3週間、トータルで6週間くらいなイメージです。

その後にLandscapeの業者が入って人工芝や植物、ライトの設置などを行う予定です。

さすがにもう寒くてプールには入れないですが、ジャグジーは冬でも楽しめるので完成が待ち遠しいです!

 

また完成後、アップしようと思います。

 

 

応援クリック、ありがとうございます!


ワーキングマザー ブログランキングへ


にほんブログ村