アメリカで暮らす、働く、育てる

アメリカ企業で働く一児の母。アメリカ生活、共働き、子育て、マイホーム購入、、その他日々感じることを書いています。

社内の「ありがとう」をお金で伝える~アメリカの社内システム。

私の働くアメリカの会社では、特定の人(社内)への「ありがとう」を会社のお金を使って伝えることができます。

 

f:id:notefromus:20170202081309j:plain

 

例えば、自分の関わるプロジェクトで疑問点があり、その分野のエキスパートである人(プロジェクトチーム外の人)に質問した。すぐに調べて答えをくれてとっても助かったので、丁寧にお礼を伝えた‥。

というケース。相手に感謝の気持ちは伝わっても、その人はそのプロジェクトになんの関わりもないので、成果が出ても評価はされないし、その人の上司にその事実が伝わることもありません。忙しい中時間を割いて調べてくれたのに、ある意味働き損とも言えます。

 

そんなとき、私の会社にはその人への「ありがとう」をお金で伝えるシステムがあります。

全世界の社員が使えるシステムで、Thank youを伝えたい相手とawardの金額を選択すると、相手にお金(もちろん会社のお金で自分の懐は痛みません)を送ることができます。

具体的には、会社から支給されるデビットカードにその金額がチャージされるので、もらった人はそのデビットカードからいつでもお金を使うことができる、という仕組みです。Visaのデビットカードなのでどこでも使えます。

 

「ありがとう、お疲れさま」の度合いによって金額も選べます。

例えば、先日他のグループからちょっと面倒なことを頼まれ、でも割とタイムリーに対応しました。すると、「Thank you very much for assisting xxx!! 」という感謝のメッセージと共に、25ドルがチャージされました。

また、先日とある問題が発生し、珍しく少し遅くまで働きました(それでも21時くらいですが)。基本残業代はないので、いたしかたなく残業したときは、他の日の午後を休んだりと適当に調整しています。ですがそれとは別に、自分のマネージャーから「Thank you very much for your hard work on xxx!!!」とこちらも25ドルがチャージされました。

 

このように、軽い「ありがとう!お疲れ!!」であれば基本25ドル(約2,500円)なことが多いです。そしてこの金額であれば、特に誰からも承認を得ることなく個人の判断で勝手に送れます。送る側のマネージャーは知る由もないので、相手に感謝を伝えたい!!と思えばいくらでも送れます。

 

ちなみに送る側は「○○をしてくれて本当にありがとう」という具体的な内容をシステムに入力する必要はあります。そのメッセージがシステムを通して相手にメールで届くのですが、そのメールに受け取る側のマネージャーもCCされるので、良い働きをしたということがその上司にも伝わる仕組みになっています。

 

25ドルと、そんなに大した金額ではありませんが、使わないで放っておくと気づくと結構たまってたりします。今自分のカードをチェックしたところ、アメリカで働き始めてからの1年半で560ドル貯まっていました。

  

また、もっと何か「○○時間作業時間を削減した」とか「○○ドルの経費を削減した」とかいうきちんとした成果に対しては、きちんと申告することによってこれまたaward(現金)がもらえます。100~250ドルくらいのこともあれば、もっと大きなプロジェクトの成果であれば1,000ドル (約10万円)以上もらえるケースもあります。金額が大きいawardになってくると承認プロセスがありますが、25ドルのありがとうは簡単に送れます。

  

 

25ドルがどれだけの動機づけになるかは分かりませんが、あの人をサポートするのちょっと大変だったな‥と思ったときでも、「I really appreciate your hard work!!」と言って25ドルを送られると、また助けてあげようという気になるのも事実です。ゲンキンですが。

 

特にアメリカの会社は明確にその個人の「成果」で評価されるので、そうすると自分の成果にならないことには時間を使いたくない‥ということにもなりかねません。ですが、このようにお金というはっきりした形で感謝を示され、さらにその小さな成果が(自分からではなく相手から)自分の上司に伝わることで、他の人をサポートするモチベーションにもつながります。

もちろんそのお金とは別に、大きな成果があれば「こんなことをしてこんなawardを受け取った」ということで査定に高評価→昇進や昇給にもつながります。

  

何かをしてもらったとき、そのawardを送るか送らないか、どの程度だと送るか‥ということは個人の裁量なので全然送らない人もいればちょっとのことで送ってくれる人もいます。それでも、「ありがとう」の気持ちだけではなく具体的に感謝を伝えられる仕組み、私は結構気に入っています。プライベートやボランティアなら無料奉仕もいいですが、あくまで仕事なので。

日本だと、いちいちお金を絡めるといやらしい感じになりますかね‥どうでしょう?

 

これまた私の会社特有のシステムであり、他の会社でも同様の仕組みがよくあるのかどうか分かりませんが、アメリカらしい、分かりやすいシステムですよね。

 

 

 ↓アメリカでの仕事‥シリーズ。もしよろしければこちらもどうぞ。

notefromus.hatenablog.com

notefromus.hatenablog.com

notefromus.hatenablog.com

 

 

 

応援クリック、ありがとうございます!


ワーキングマザー ブログランキングへ


にほんブログ村